爽やかな5月晴れの今日、大宮のKAWAIショップで開かれた辻井先生の公開レッスンを聴講しに行って来ました。
私の教室からは5年生の男子H・Y君がレッスンを受けました。
見て頂いた曲は彼が7月の発表会で弾くハチャトゥリヤンの「エチュード」です。
公開レッスンというのは弾く本人はもちろん緊張するでしょうが、いつも指導しているこちらも半端なく緊張します。
自分のしているレッスンを先生に評価して頂くようなものですから。
H・Y君はとても真面目な生徒で、この「エチュード」も良く練習しています。
でも辻井先生に見て頂くと注意される点が多くありました。
特にフレーズの考え方、拍の取り方はご注意を受けましたが、これは私の指導不足のせいで、H・Y君に申し訳なく思いました。
私がきちんと気づいて注意すべき所でした。
たっぷり45分もレッスンして頂き、本人には随分と刺激になったことでしょう。
次のレッスンが楽しみです。

公開レッスンは朝10時からから夕方6時近くまで、途中昼休みを少し挟んだだけでずっと続きました。
辻井先生はお一人で休みなく10人の生徒のレッスンをしたわけで、さすがに最後は少し声がかれていらっしゃいました。
でもいつもの通りパワフルで喋り通しのレッスンで、そのエネルギーには感服しました。
しかも昨日は石川県に行ってらして、夜遅く自宅に帰られたとか。本当にお元気です。
先生のレッスンは子供を少しでも良くしようという情熱に溢れていて尊敬します。
私も少しでも見習えれば良いのですが、私ときたらレッスン終了後にはとても疲れてしまって、帰りに普段は絶対に買わない大きなドーナツを3つも買って帰ったのでした。
ただ聴いていただけなのに・・・