連日の猛暑でフラフラになっている間に、気が付けば発表会からもう1週間が過ぎてしまいました。
開催する前はあんなに大変だったのに、終わってみると何だかあっけなく過ぎてしまったような気もします。
でもそれは発表会が順調に問題なく進んだということなのかもしれません。

今回はいつもより少人数でしたのでどうなるか心配でしたが、私との連弾、リレー連弾、トーンチャイム演奏、そしてソロの演奏と色々趣向を変えての演奏会でしたので、参加した生徒さん達も楽しく過ごせたのではないかと思います。
私自身もどの生徒にも目が行き届いて、いつもより落ち着いた発表会でした。

ソロの演奏では多少のミスの出た生徒もいましたが、どの参加者も大変立派に上手に弾けたと思います。この暑さの中、毎週レッスンに通って練習してきた成果がきちんと形になって表れていました。
そして参加した生徒さん達の演奏会でのマナーもとても良くて、私は誇らしく思いました。

終演後の挨拶でも言いましたが、今はスマホなどで何でも答えが簡単に出せる時代です。そんな中で何か月もかけて一つの曲をコツコツと作り上げる作業、そして一人で舞台に立って演奏する緊張感、演奏が終わった瞬間の解放感と満足感。そんな経験を子供のうちから積んでいくことは、きっとその子の財産になっていくと信じます。

さあ、また来年に向けて頑張りましょう!