一昨日、コロナウィルス感染拡大予防のため、公立の小、中、高校に4月までの休校要請が出されました。それに従い白岡の公立校は3月2日から4月の新学期まで臨時休校となるそうです。
それ以前に、多人数での集会や会食も自粛するように要請があり、各種イベントやスポーツ競技の中止、塾やスポーツクラブの休業も目立ってきました。

松浦音楽教室も対応をどうしようか迷ったのですが、生徒さんとの1対1の個人レッスンであること、時間も30分から40分と短いことなどを考慮し、当分の間はこのままレッスンを続けることに致しました。レッスン室での換気、マスクの着用、ピアノキイの消毒などに充分留意していくつもりです。
この先、また事情が変わるかもしれませんが、その時は臨機応変に対応していくつもりです。

ここ2,3日で一気に社会の雰囲気が変わってきたように感じます。 2月に入ってからの連日のコロナウィルス報道で大変なことが起きている認識はありましたが、政府の休校要請が発表されたことで、一気に不安感が加速しました。
正しく恐れてパニックにならないようにしようと思っていますが、実際にマスクや消毒薬が消えた店の棚を見ますと焦る気持ちが湧いてきます。

3月は卒業のシーズンでしたので、生徒さんのなかには卒業前の演奏会でピアノを弾く予定だった子や、伴奏をする予定だった子もいます。卒園遠足が中止になったという幼稚園生もいました。それどころか卒業式も出来るかどうか分からないという話も聞きました。
本当に可哀想だと思います。 2か月前に新しい年が始まったときにはまさか今年、こんなことが起こるなんて夢にも思いませんでした。
これから1か月、外出も制限されて家の中に居なければならない子供達を思うと胸が痛みます。
この感染が一日も早く終息しますように、心から願っています。